平和を訴え走行 サイクリスト11人 原爆ドーム-厳島神社結ぶ42.4キロ 旧西国街道、盛り上げも /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
二つの世界遺産を結ぶサイクリングコースを走り抜け、平和記念公園に戻った参加者たち=広島市中区で、手呂内朱梨撮影
二つの世界遺産を結ぶサイクリングコースを走り抜け、平和記念公園に戻った参加者たち=広島市中区で、手呂内朱梨撮影

 旧西国街道の盛り上げや世界平和の発信につなげようと、県サイクリング協会(東区)は28日、原爆ドーム(中区)と厳島神社(廿日市市)を結ぶ42・4キロのサイクリングコースの走行会を実施し、協会理事の堀啓二さん(61)ら11人が参加した。参加者の意見を基に二つの世界遺産を結ぶコースの改良を重ね、観光客らに向けて発信していくという。

 往路は平和記念公園(中区)を出発し、厳島神社の摂社として建てられた地御前神社(廿日市市)へ。西方に向かう旅人の見送り地点だった別れの茶屋跡(西区)などを巡り、各ポイントにまつわる逸話や伝説を楽しみながら旧西国街道を走り抜けた。復路は広島湾岸を通るルートで、広島はつかいち大橋(廿日市市―佐伯区)を渡り平和記念公園に戻った。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集