航行34年「めおん」に別れ 男木、女木島連絡フェリー 「新めおん」は赤白しましま 高松港 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
最終便の「めおん」から手を振る乗客ら=高松市サンポートの高松港で、潟見雄大撮影
最終便の「めおん」から手を振る乗客ら=高松市サンポートの高松港で、潟見雄大撮影

 高松港と男木、女木両島を航行するフェリー「めおん」が28日、最終運航日を迎え、高松港(高松市サンポート)でお別れ式があった。訪れた利用客らは手を振りながらめおんの最終便を見送った。新たに運航する船も披露され、就航式の参加者たちはくす玉を割って祝った。

 めおんは1987年就航。島民らの交通手段だけでなく、瀬戸内国際芸術祭などのイベントの際にも観光客を乗せて活躍した。28日のお別…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

あわせて読みたい

注目の特集