諫早の四面菩薩坐像や越高遺跡の土器など4件 県指定文化財に /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
天祐寺の木造四面菩薩坐像=県教委提供
天祐寺の木造四面菩薩坐像=県教委提供

 県教委は、諫早市の「天祐寺の木造四面菩薩(ぼさつ)坐像(ざぞう)」=有形文化財(美術工芸品)▽対馬市の「越高(こしたか)遺跡」=史跡=など4件を新たに県指定文化財に指定すると発表した。県指定文化財は計390件となる。

 四面菩薩坐像は1705(宝永2)年に造られ、現在は諫早家菩提(ぼだい)寺である天祐寺が所蔵。古事記の「国生み神話」に登場する一身四面神に由来し、雲仙岳の神として信仰さ…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

注目の特集