特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-斎藤慎太郎八段 第36局の1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ラス前で決まるか

 日の光がまぶしく降り注ぐ。大阪は快晴。順位戦も残すところ2戦となった。東西に分かれての一斉対局、ラス前だ。

 午前9時35分、稲葉が御下段の間に姿を見せた。眼鏡を外し、念入りに磨き上げる。15分ほど後に斎藤が「おはようございます」と入室。両者てきぱきと駒を並べていく。互いに背負うものは重たいはずだが、いつもと変わらぬ面持ちだ。

 両者の対戦成績は2勝2敗の指し分け。今期A級では斎藤6勝1敗、稲葉2勝5敗。初参加にして快進撃を展開してきた斎藤は本局に勝利し、広瀬章人八段(5勝2敗)と豊島将之竜王(5勝2敗)が敗れた場合、最終局を待たずして名人挑戦が決定する。対する稲葉は本局に敗れ、菅井竜也八段(3勝4敗)が勝利した場合に降級決定だ。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文846文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集