連載

影山貴彦のテレビ燦々

同志社女子大学メディア創造学科教授・影山貴彦さんがつづるテレビにまつわるコラムです。

連載一覧

影山貴彦のテレビ燦々

豊かな人間味交わる「にじいろカルテ」 自分を見つめ直し、歩む姿描く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4日放送の「にじいろカルテ」第7話の一場面。雪乃(安達祐実、左)と真空(高畑充希)=テレビ朝日提供
4日放送の「にじいろカルテ」第7話の一場面。雪乃(安達祐実、左)と真空(高畑充希)=テレビ朝日提供

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 高畑充希が病を抱えた医師を演じるドラマ「にじいろカルテ」(ABCテレビ系)。高畑はテレビ朝日制作のドラマ初主演で、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などヒューマンドラマが得意な脚本家・岡田恵和にとっては、初めての医療系ドラマ執筆だ。

 舞台は、山奥の小さな村にある「虹ノ村診療所」。東京の大学病院からやってきた内科医の紅野真空(くれのまそら)(高畑)が共に働き生活するかけがえのない仲間は、外科医の浅黄朔(井浦新)と看護師の蒼山太陽(北村匠海)の2人だ。個性豊かな村民たちと診療の範囲を超えて深く交流することで、真空たちがおのおのを見つめ直し、歩んでいく様子が描かれてい…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文762文字)

あわせて読みたい

注目の特集