特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

山田広報官辞職 菅首相「やむを得ないと判断」衆院予算委で説明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山田真貴子内閣広報官=国会内で2021年2月25日、竹内幹撮影
山田真貴子内閣広報官=国会内で2021年2月25日、竹内幹撮影

 山田真貴子・内閣広報官(60)が1日、辞任した。菅義偉首相の長男正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」側から1人当たり7万円超の接待を受けており、与野党から批判が出ていた。事実上の引責辞任とみられる。山田氏は体調不良の理由で2月28日に入院した。

 加藤勝信官房長官は1日の衆院予算委員会の集中審議で、山田氏が28日夕に体調不良により病院を受診し、2週間程度の入院が必要との診断を受けて入院したと明らかにしたうえで「(山田氏)本人から職務の遂行を続けることが難しいと、杉田和博官房副長官に辞意が伝えられた。首相はやむを得ないものと判断した」と述べた。

 山田氏は1日に辞職願を提出し、政府は持ち回りの閣議で辞任を認めた。山田氏は同日の予算委に出席する予定だったが欠席した。加藤氏は「予算委の審議に迷惑をかけて大変申し訳ない」と陳謝した。首相も予算委で「杉田副長官から私に報告があり、そういう状況であれば(辞任は)やむを得ないと判断した」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文898文字)

【菅首相長男接待】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集