特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

鶏卵汚職 予算委で農水次官が陳謝 会食時の会話は「覚えてない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で立憲民主党の山井和則氏の質問の答弁中に陳謝する農水省の枝元真徹事務次官(左)。右端は菅義偉首相=国会内で2021年3月1日午前11時15分、竹内幹撮影
衆院予算委員会で立憲民主党の山井和則氏の質問の答弁中に陳謝する農水省の枝元真徹事務次官(左)。右端は菅義偉首相=国会内で2021年3月1日午前11時15分、竹内幹撮影

 農林水産省の枝元真徹事務次官は1日の衆院予算委員会の集中審議で、吉川貴盛元農相と鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループ元代表が在宅起訴された贈収賄事件を巡って、両者の会食に同席して違法接待を受けた問題について、「農林水産行政、国家公務員に対する信頼を損なった。農林水産関係者、国民に誠に申し訳なく心からおわび申し上げる」と陳謝した。立憲民主党の山井和則氏への答弁。

 枝元氏は会食時の会話について「養鶏についての話題も出たと思うが、2年半ほど前のことで覚えていない」としたうえで、養鶏問題に関する働きかけについては「働きかけはなかったと認識している」と否定した。会食には、吉川氏、河井克行元法相、アキタフーズの元代表、当時の農水省の畜産部長、課長2人が出席したと明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文484文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集