特集

Gender×JAPAN

シンクタンクの男女格差を示す指数で、日本は156カ国中120位。深刻なジェンダーギャップを解消するには?

特集一覧

国連事務総長が回答 「ジェンダー平等は男女どちらにもよい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
毎日新聞の単独オンラインインタビューにニューヨークの国連本部で応えるグテレス国連事務総長=2021年2月27日
毎日新聞の単独オンラインインタビューにニューヨークの国連本部で応えるグテレス国連事務総長=2021年2月27日

 国連のグテレス事務総長は2月27日、毎日新聞との単独オンラインインタビューに応じ、事前に募集した読者からの質問に答えた。森喜朗・東京オリンピック・パラリンピック組織委員会前会長の女性蔑視発言などで改めて表面化した日本のジェンダー格差についてグテレス氏は「ジェンダー平等は男女どちらにもよいものだと理解してほしい」などと呼びかけた。東京五輪については「科学に基づき判断されると確信する」と述べ、開催されればぜひ参加したいと語った。新型コロナウイルスやそれをめぐる偽情報対策、国連安保理改革などにも言及した。【和田浩明/統合デジタル取材センター、隅俊之/ニューヨーク支局】

ジェンダー平等 国連模範示す

 インタビューに先立ち、ニュースサイトを通じて読者から質問を募集したところ、約40件、100問近い応募があった。それらを整理した上で記者からの質問も加えた。グテレス氏は約25分にわたって取材に応じた。

 グテレス氏は、日本でのジェンダー格差をどう考えるかという読者の質問に「ジェンダー平等は社会を改善し(弱者の)社会的保護を強め、経営の質を向上させる」などと強調。日本の人々へのメッセージとして「女性は権利のため闘い、自らの存在を主張し、連帯してほしい。男性は、ジェンダー平等は女性だけでなく男女ともによいものであることを理解してほしい」と述べた。

 ジェンダー平等は国連の持続可能な開発目標(SDGs)にも挙げられている。グテレス氏は「国連としても模範になろうと…

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文2106文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集