連載

あした元気になあれ

小国綾子記者の「元気」を追いかけるコラム。

連載一覧

あした元気になあれ

いつか一緒にさんてつに=小国綾子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
絵本「リアスのうみべ さんてつがゆく」(岩崎書店)には、今は失われてしまった美しい浜辺の風景が描かれている。
絵本「リアスのうみべ さんてつがゆく」(岩崎書店)には、今は失われてしまった美しい浜辺の風景が描かれている。

 「やっと願いがかなって三陸鉄道(さんてつ)の絵本を出せました」。岩手県久慈市の詩人、宇部京子さんから、絵本「リアスのうみべ さんてつがゆく」が届いた。

 絵本を開き、はっとした。岩手県の三陸海岸を縦貫する「さんてつ」の奇跡の物語はすっかり知っているつもりだった。震災5日後、がれきの街に列車を走らせ、被災者を励まし、復興の象徴だったこと。何度も書物や記事で読んできた。でも、この絵本は何か違う。土地の言葉で、そこに暮らす人々のまなざしで描かれているのだ。

 がれきの街にポーポーと警笛が鳴る。<うそだべ、どおもった。はしれるわげ、ないべって。(略)となりのむらは、せんろもぶっとんでなぐなってるのに>。列車のドアが開くと、<わあーっと、ひとがおりできた。おおきなにもつにスコップもって。だれかにたのまれたんじゃない。じぶんでたすけなぎゃっておもったんだ>

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文944文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集