連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

中村あゆみ ジャズLP 亡き父のカセットに触発され

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中村あゆみ
中村あゆみ

 日本を代表する女性ロッカー、中村あゆみが35周年を記念して、初めてジャズのアルバムを発売する。その意図や背景を聞いた。

   ■   ■

 14日に発売するのは、「枯葉」「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」「ユッド・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」「クライ・ミー・ア・リバー」などアメリカンスタンダード8曲をジャズの伴奏で歌った「Enter」(Ai songs)。驚きはジャンルだけではなく、フィジカル(実体商品)としては33回転30センチのLP盤のみ。ただし、スマホやパソコンに音楽をダウンロードできるカードが同梱(どうこん)される。なぜ、ここまで手の込んだことを。

 「実は私、ロックを歌いたくてこの世界に入ったわけではないの」とますます意外な発言。「そもそも、洋楽ならシャカタクやグローバー・ワシントン・Jr、邦楽なら大橋純子や佐野元春といったフュージョンやシティーポップが好きで、音楽的ルーツだと思っていた。生活のBGMになるような歌を歌いたかった。でも、私のしゃがれ声とシャウトで“アウトロー・アイドル”として売り出そうという企画が決まり、それが世に受けた。私…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文1036文字)

あわせて読みたい

注目の特集