「はっさく大福」 中2生調理体験 重井中、餅菓子店で 尾道 /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
はっさく大福作りを体験する重井中生徒=広島県尾道市因島大浜町のはっさく屋で、渕脇直樹撮影
はっさく大福作りを体験する重井中生徒=広島県尾道市因島大浜町のはっさく屋で、渕脇直樹撮影

 尾道市立重井中学校(因島重井町)の2年生15人が1日、地元の餅菓子店「はっさく屋」で、はっさく大福作りを体験した。柏原伸亮社長(67)らの手ほどきを受け、はっさくの皮むきから成形まで取り組んだ。

 はっさくは因島生まれのかんきつで、はっさく大福は地元銘菓として観光客に人気がある。

 毎日約2300個のはっさく大福を作って…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文278文字)

あわせて読みたい

注目の特集