特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

強く、前に・明徳義塾

選手紹介/4 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高松紳志外野手(2年)=高知県須崎市で、北村栞撮影 拡大
高松紳志外野手(2年)=高知県須崎市で、北村栞撮影

中軸打てる攻撃の要 高松紳志外野手(2年)

 チーム随一のパワーヒッターで、新人戦では4番レフトで出場した。難しい球をスタンドまで運ぶバッティング技術は指導陣も思わずうなる。

 「僕のせいで負けた」と悔やむのは新人戦決勝。1点を追う七回、無死一、二塁で回ってきた打席でバントのサインが出た。バントミスから二塁走者が刺され、結局三振。「明徳の4番ならバントはあり得る話だが、『自分にバントはないだろう』と思ってしまった。意識の低さが試合に出た」と振り返る。

 その後の秋季大会ではスタメンからも外れたが元々責任感の強さは人一倍。さまざまな場面を想定してバントの練習量も増やした。今は実戦練習でも中軸を打ち、馬淵史郎監督も「甲子園で勝ち上がるには高松がいないと勝てない」と断言する攻撃の要。「4番」復権へ、準備は万端だ。

 左投げ左打ち。京都市立大枝中出身。

明るさでチーム鼓舞 森松幸亮外野手(2年)

森松幸亮外野手(2年)=高知県須崎市で、北村栞撮影 拡大
森松幸亮外野手(2年)=高知県須崎市で、北村栞撮影

 底なしの明るさで周りを和ませるチームのムードメーカー。授業が終わると「練習が始まる!」とうれしそうな顔で一目散にグラウンドに駆け出す野球少年だ。

 「四国大会はほぼ全て悔しかったが、逆に成長できた大会でもある」と話す。4番を担ったがヒットがなかなか出ない。それでも、川崎新也コーチから「打てないときはしっかり守ればいい」と助言を受けたこともあり、守備に集中し、声で盛り上げ続けた。これまでは打席の結果に一喜一憂していたが、打てなくてもチームのためにできることがあると身をもって知った。

 結局、四国大会決勝では勝ち越し打を放つ活躍でプレーでもチームを勢いづけた。打撃不振も何のその。「持ち前の元気でチームを引っ張り、日本一にしたい」と笑顔で不安を吹き飛ばしている。

 左投げ左打ち。松山市立雄新中出身。

あわせて読みたい

注目の特集