特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-斎藤慎太郎八段 第36局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

前例を離れる

 窓から差し込む光が稲葉の顔に影を落とす。[後]3三桂では[後]3三角の前例が多いが、本譜は角を温存する方針だ。前例は2局に絞られた。[後]2三金で[後]2三銀[先]2八飛[後]2四歩と銀冠にするのは[先]3六銀から2筋を目標にされて芳しくない。稲葉が[先]6八金と上がり、全ての前例を離れた。

 未開の地を手探りで進む。[先]3八飛は次に[先]3六銀~[先]3五歩と押し返しを狙いつつ、[後]3九角の筋を消したことで[先]5八金上としやすくした意味がある。「悩ましい」と斎藤。[後]3五歩と傷を消すのは歩切れが痛い。先ほど温存した角を4四へ設置し、先手玉へのにらみを利かせた。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文880文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集