政府 アルコール量、表示要請へ 「グラム」軸に調整

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スーパーマーケットのビール類の売り場=千葉市内で2020年10月1日午前10時34分、中津川甫撮影
スーパーマーケットのビール類の売り場=千葉市内で2020年10月1日午前10時34分、中津川甫撮影

 政府は、酒類業界に対して酒のアルコール量について度数だけでなく量も表示するよう求める。依存症などを防ぐための国の方針「アルコール健康障害対策推進基本計画」に盛り込み、近く閣議決定する。これを受け酒類の業界団体は表示の策定に乗り出す方針で、グラムでの表示を軸に調整する。

 酒類は、酒税法の関連法でアルコールの度数を容器に表示することが義務付けられている。一方で、厚生労働省は生活習慣病のリスクが高まる1日のアルコール摂取量の目安として、「男性は40グラム以上」「女性は20グラム以上」とグラムで目安を示している。度数5%のビール500ミリリットル缶のアルコール量は20グラムに換算できるが、医療界などから「%」や「度」の表示だけでは摂取量が分かりにくいとの指摘が出ていた。

 特に最近は、「ストロング系飲料」と呼ばれるアルコール度数10%前後と一般的なビールやチューハイの2倍程度の度数があるチューハイの人気が拡大。各社は…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文935文字)

あわせて読みたい

注目の特集