圧縮空気エンジン搭載自転車 世界最速63キロ 博多工高研究班

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ギネスで最高速度に認定された、独自に開発した圧縮空気エンジンを搭載した自転車=福岡市で2021年2月24日午後0時20分、加藤小夜撮影
ギネスで最高速度に認定された、独自に開発した圧縮空気エンジンを搭載した自転車=福岡市で2021年2月24日午後0時20分、加藤小夜撮影

形状・重量 改良重ねギネス認定

 福岡市の市立博多工業高の自動車工学科の研究班が、独自に開発した圧縮空気エンジンを搭載した自転車で、世界最高速度記録を樹立した。圧縮した空気でエンジンを動かす仕組みで、2020年11月に時速63・966キロを出し、ギネスの世界記録として認められた。

 同科の3年生8人が先輩たちの研究を引き継ぐ形で達成した。ガソリンを使わないため二酸化炭素(CO2)を出さない環境に優しい試みだ。

 研究班によると、当初はバイクで取り組みを進めていたが、最高速度は時速4・5キロだった。20年度にバイクから自転車に替えて軽量化を図り、空気を入れるタンクも2倍にした。また、原付きバイクのエンジンを使い、部品の形状の改良にも取り組み、エンジン自体の効率化や排気量の増加につなげた。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文602文字)

あわせて読みたい

注目の特集