大雪で運休、欠航相次ぐ 雪崩も 3日も猛吹雪警戒 北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
雪崩で起きた国道5号の稲穂峠=共和町国富で、北海道開発局小樽開発建設部提供
雪崩で起きた国道5号の稲穂峠=共和町国富で、北海道開発局小樽開発建設部提供

 大雪の影響で2日、JR北海道は全ての特急列車120本を含む計702本を運休し、新千歳空港発着の68便が欠航した。また、札幌市中心部から北東約70キロに位置する芦別市の国道ではトレーラーが雪崩に巻き込まれ、運転手が一時生き埋めになった。札幌管区気象台は3日も引き続き警戒を呼び掛けている。

 2日午後1時40分ごろ、芦別市芦別の国道452号・三段滝公園付近で雪崩が起き、走行中のトレーラー1台と乗用車1台が巻き込まれた。…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

あわせて読みたい

注目の特集