特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

特権を問う

米軍ヘリ、六本木でタッチ・アンド・ゴー 密集地を低空で旋回

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京・六本木の米軍ヘリポートに着陸し、30秒後に2回目の離陸をする米海軍ヘリ「シーホーク」=東京都内で2020年8月21日午後0時55分、大場弘行撮影(写真は動画から)
東京・六本木の米軍ヘリポートに着陸し、30秒後に2回目の離陸をする米海軍ヘリ「シーホーク」=東京都内で2020年8月21日午後0時55分、大場弘行撮影(写真は動画から)

 在日米軍ヘリが首都・東京の中心部で日本のヘリであれば違法となる低空飛行を繰り返している問題で、米海軍ヘリ「シーホーク」が渋谷駅や六本木ヒルズ周辺を低空で旋回するなどした後、六本木の米軍ヘリポートに着陸し、わずか数十秒後に離陸する様子を毎日新聞が確認した。専門家は「タッチ・アンド・ゴー」と呼ばれる離着陸訓練と指摘している。離着陸を5回繰り返したこともあり、人口密集地で事故の危険性がある訓練が行われている。

 毎日新聞は昨年7月から約半年かけて都心を一望できる高さ200メートル級の複数地点から調査する中で、こうした飛行を確認した。

 シーホークは昨年8月21日午後0時45分ごろ、神奈川方面から渋谷駅周辺を経由して六本木のヘリポートに着陸。6分後に飛び立ち、約2キロ離れた渋谷駅上空で旋回した。その際の高度は駅直結の商業ビル「渋谷スクランブルスクエア」(高さ約230メートル)を下回り、このビルを軸に円を描くように六本木方面にUターンした。再び六本木のヘリポートに低空で接近して着陸すると、今度はわずか30秒で飛び立ち、渋谷スクランブルスクエアの横を通過して神奈川方面に飛び去った。

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1611文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集