連載

それぞれの3.11

毎日新聞デジタルの「それぞれの3.11」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

それぞれの3.11

東日本大震災10年/1 「心の復興」へ 続く取材 石巻日日新聞元報道部長・武内宏之さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
資料やパソコンを見ながら語る石巻日日新聞元報道部長の武内宏之さん=宮城県石巻市で
資料やパソコンを見ながら語る石巻日日新聞元報道部長の武内宏之さん=宮城県石巻市で

武内宏之さん(63)

 「『10年』は社会的、行政的な大きな区切り。節目であることは確かだが、被災地では『これで復興が終わり』という気持ちにはなれない」

 宮城県石巻市の地域紙「石巻日日新聞」元報道部長、武内宏之さん(63)は静かに話す。3年前に定年退職した今も、復興の様子を確認するために沿岸部を車で回り、そして被災地に住む人たちの声に耳を傾け続けている。

 10年前の2011年3月11日。大きな揺れの後、大津波が街を襲った。同社は輪転機が浸水するなど大きな被害を受けた。紙面の発行がストップする危機に直面したが、近江弘一社長は手書きの壁新聞を作成するよう社員に指示した。武内さんは報道部長として陣頭指揮を執り、地元密着の新聞として、被害状況や生活情報を被災者に伝えた。壁新聞は6日間にわたって避難所に張り出され、被災者たちの貴重な情報源や励みとなった。そ…

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1562文字)

あわせて読みたい

注目の特集