県警春の異動 警部級以上321人 39署のうち30署長交代 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県警は3日付で、警部級以上を対象とする春の定期人事異動(1次異動)を発令する。異動規模は321人で、3月下旬の2次異動などを含め、全体では2020年度より約400人多い3100人程度となる。署長の交代は県内39署のうち30署。

 児童虐待対策の強化で、少年課に担当管理官を新設するほか、少年補導専門員の配置見直しなどを行う。また、速度違反取り締まりや違反者の追跡捜査を強化するため、交通指導課に取締・捜査支援班を新設。東京オリンピック・パラリンピックに向けた組織体制は維持する。【秋丸生帆】

 <任警視長>総務部長(地域部長)坂本和久

この記事は有料記事です。

残り7095文字(全文7361文字)

あわせて読みたい

注目の特集