教育大付属平野小、NZ・クロフトンダウンズ小 児童が文化交流 オンライン授業で和気あいあい /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
教室でニュージーランドの小学校の発表を聞く児童ら=大阪市平野区で、高野聡撮影
教室でニュージーランドの小学校の発表を聞く児童ら=大阪市平野区で、高野聡撮影

 新型コロナ禍で利用が広がったオンライン会議システムを使った海外との交流授業が、大阪市平野区の大阪教育大付属平野小(出野卓也校長)であった。6年生3クラスとニュージーランド・ウェリントンのクロフトンダウンズ小学校を結び、それぞれの国の文化を紹介したり、ジェスチャーゲームをしたりするなどして楽しんだ。

 交流授業は付属平野小が2016年度に設けた独自教科「未来そうぞう科」の一環。同科は、未来社会…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集