新型コロナ 病床確保計画、段階引き下げ 県・入院患者減で /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は2日、新型コロナウイルスの入院患者数が減少傾向にあることから、病床確保計画をフェーズ3から2に移行し、患者をすぐに受け入れることのできる「即応病床」を209床から142床に縮小すると発表した。

 フェーズ2から3に移行する際に基準となる使用病床数は71床で、2月14日からはこの半分となる35床以…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

注目の特集