特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

水説

人事局がむしばむ=古賀攻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 今や火宅の総務省は、2019年12月にも絶句するような不祥事をやらかしている。

 組織的な不正販売が発覚したかんぽ生命に対する行政処分の検討過程で、現職の事務次官が親会社の日本郵政側に内通していた。当時の高市早苗総務相は鈴木茂樹次官に停職3カ月の懲戒を告げ、次官は直ちに辞職した。

 処分内容は大臣と郵政行政部長で詰めるのが通例なのに、鈴木次官は本件に限って同席を求めた。数日後、日本郵政の取締役会で「この通り、情報は全部取れている」と自慢げにメールを見せる人物がいた。総務事務次官OBでもある鈴木康雄上級副社長だ。

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1020文字)

【菅首相長男接待】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集