日銀ETF購入変化 先月1回のみ 基準変更布石か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日銀による上場投資信託(ETF)購入に異変が起きている。これまでは株価が一定程度下がると買いに入って株価下支えに貢献してきたが、2月は株価が急落した26日を除いて下落局面でも動かなかった。日銀が3月に実施する金融政策の点検を見据え、株価が高値圏ならば購入基準を厳格化して買わない運用に切り替えた、との見方が市場では広がっている。

 日銀は年間12兆円を上限に原則6兆円ペースでETFを購入する方針を示している。市場が動揺した際、投資家心理を改善させる効果を狙っている。ETFを買う明確な基準を日銀は示していないが、市場は過去の実績から「0・5%ルール」を導き出した。「東証株価指数(TOPIX)の午前の終値が前営業日比で0・5%以上下落すると、午後にETFを購入する」という法則だ。三井住友DSアセットマネジメントによると、201…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文738文字)

あわせて読みたい

注目の特集