「わきまえない」発言で動き始めた自民女性議員 登用首相へクギ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性活躍に向けた提言を二階俊博幹事長に提出後、記者団の取材に応じる「自民党女性議員飛躍の会」のメンバー=党本部で2月15日、遠藤修平撮影
女性活躍に向けた提言を二階俊博幹事長に提出後、記者団の取材に応じる「自民党女性議員飛躍の会」のメンバー=党本部で2月15日、遠藤修平撮影

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長の女性蔑視発言は、自民党の女性議員たちに難しい選択を迫った。決して看過できない発言だが、最大派閥の細田派元会長で、今もなお党内に強い影響力を持つ森氏を批判できるのか――。当初はためらいもあった女性議員たちだが、徐々に不満の声を上げ始めた。これを契機に、女性の登用や政治参画を求める動きも加速している。 【遠藤修平、野間口陽】

「森喜朗さんを批判するのは怖い」

 「総理、女性大臣は倍増じゃなきゃだめですよ」。2月18日、自民党の女性活躍推進特別委員会のメンバーが首相官邸で、菅義偉首相との面会を終えて退室する際、森雅子前法相が念を押した。首相も振り返って、うなずいたという。

 特別委は首相に新型コロナウイルス対策の緊急提言を提出した。森雅子氏の女性閣僚倍増の求めは、今後の内閣改造を意識したものだった。だが、…

この記事は有料記事です。

残り1838文字(全文2219文字)

あわせて読みたい

注目の特集