特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

バイデン政権、ナワリヌイ氏襲撃で初制裁 ロシアは反論

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領
バイデン米大統領

 米政府は2日、ロシアの反体制派指導者、ナワリヌイ氏の毒殺未遂事件を巡り、ロシア当局者が化学兵器を使用したなどとして、露連邦保安庁(FSB)長官を含む政府高官7人を制裁対象に指定した。プーチン露大統領に融和的だったトランプ前大統領は制裁を見送ったが、人権重視を掲げるバイデン大統領は厳しく対処する姿勢を改めて内外に示した形だ。バイデン政権の対露制裁は初めて。

 また、欧州連合(EU)も2日、クラスノフ検事総長らロシア高官4人に資産凍結や渡航制限の制裁を発動した。EUが昨年12月に新たに導入した「深刻な人権侵害」を対象とする制裁の枠組みを初めて適用。恣意(しい)的な逮捕や表現の自由に対する抑圧があったとしている。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文544文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集