特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

米予算局長への指名を撤回 タンデン氏の資質を民主からも疑問視

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニーラ・タンデン氏=AP
ニーラ・タンデン氏=AP

 バイデン米大統領は2日、行政管理予算局(OMB)の局長に指名したニーラ・タンデン氏の人事案を撤回した。野党・共和党のみならず与党・民主党からもタンデン氏の資質を疑問視する声が上がり、上院での人事承認に必要な過半数の賛同確保が絶望視されていた。バイデン政権で議会に提出された閣僚人事案が撤回されるのは初めて。

 OMB局長は連邦政府予算の編成や執行管理、議会との調整を担当する閣僚ポスト。指名撤回により、前政権からの引き継ぎが難航した予算教書の策定作業が、さらに遅れる可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文595文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集