東横線で運転見合わせ 線路沿いの建設現場足場崩れる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
建設中のマンションの足場が崩れ、東急東横線上り線の架線に接触した現場=東京都目黒区で2021年3月3日午前0時33分、滝川大貴撮影
建設中のマンションの足場が崩れ、東急東横線上り線の架線に接触した現場=東京都目黒区で2021年3月3日午前0時33分、滝川大貴撮影

 2日午後10時20分ごろ、東京都目黒区の東急東横線自由が丘―都立大学駅間の線路沿いにある建設中の5階建てビルの足場が崩れ、上り線の架線に接触した。この事故で停電が発生し、同線は渋谷―武蔵小杉駅間の上下線で運転を見合わせている。東急電鉄によると、運転再開の見込みは立っていないという。

 事故直後に下り電車1本が中目黒駅と祐天寺駅間で立ち往生したが、乗客は降車し…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集