特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

大阪市大病院有志の震災奨学金 大槌町の28人が復興の担い手に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩手県大槌町にある両親の営む洋菓子店で働く阿部華奈さん=2021年2月(本人提供)
岩手県大槌町にある両親の営む洋菓子店で働く阿部華奈さん=2021年2月(本人提供)

 東日本大震災の発生から11日で10年。被災直後の岩手県大槌町での医療支援をきっかけに生まれた大阪市大病院(大阪市阿倍野区)有志による「羽ばたけ奨学金」が、2020年度を最後に終了する。大学内や街頭で集めた義援金を元に12年度に開始し、大槌町内の中高生計28人に贈呈してきた。かつての奨学生たちは今、町復興の一翼を担う存在に成長。荒川哲男学長は「最後になってしまうのは寂しいが、これまで子どもたちの故郷を思う気持ちに触れることができた。これからも絆を大切にしたい」とかみしめている。

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1410文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集