宝塚音楽学校で卒業式 39人が巣立ち 規模縮小、PCR検査も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宝塚音楽学校の卒業式に向かう卒業生=兵庫県宝塚市で2021年3月3日午前8時42分、藤井達也撮影
宝塚音楽学校の卒業式に向かう卒業生=兵庫県宝塚市で2021年3月3日午前8時42分、藤井達也撮影

 宝塚歌劇の舞台に立つタカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で3日、第107期生の卒業式があった。新型コロナウイルス禍による制約を受けながらも2年間、声楽やダンス、演劇などの稽古(けいこ)を積んできた107期生39人が学び舎(や)から巣立った。

 同校は2020年春、緊急事態宣言の発令で約2カ月間臨時休校し、入学式も延期された。宝塚歌劇団が同年6月末まで全公演を中止したこともあり、同年に卒業した106期生が歌劇団の初舞台を踏んだのは、当初の予定より5カ月遅れの9月にずれこんだ。

 21年のこの日の卒業式も感染防止のため、保護者を含めて参列者を例年の半数に絞るなど規模を縮小した。卒業生らは事前にPCR検査を受けており、黒い紋付きに濃緑色のはかま姿で臨んだ会場ではマスクを外し、1人ずつ小林公一校長から卒業証書を受け取った。校歌なども事前収録した合唱を流した。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文718文字)

あわせて読みたい

注目の特集