特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

津波襲った気仙沼の保育所 徹底した避難訓練実り園児71人無事

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
気仙沼中央公民館(宮城県気仙沼市)の屋上から、津波で浸水した市街地を眺める避難者=内海直子さん提供
気仙沼中央公民館(宮城県気仙沼市)の屋上から、津波で浸水した市街地を眺める避難者=内海直子さん提供

 宮城県気仙沼市沿岸部にあった「一景島保育所」は、東日本大震災の津波で全壊しながらも、園内にいた71人の子供と職員は近くの公民館に避難し、全員が無事だった。当時の所長は救助されるまでの状況を振り返り、「徹底した避難訓練」の重要性を訴える。【滝沢一誠】

逃げた公民館も浸水、眠れぬ夜

 一景島保育所の元所長、林小春さん(69)は10年前の3月11日、地震直前の保育所の様子を「あの日は新年度を目前にした時期で、進級する喜びにあふれていた」と振り返る。午後、園児75人のうち71人が園内におり、4歳までの子供は昼寝をしていた。

 突然、大きな震動が一帯を襲った。揺れが収まったら避難を始めようとしたのに、終わる気配がない。待っている時間はなかった。寝ている子を急いで起こし、パジャマの上に上着を羽織らせ、大声で職員に避難の指示をした。保育所は海に近く、地震時の避難場所は3階建ての気仙沼中央公民館と前もって決めていた。

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1748文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集