茨城・関鉄竜ケ崎線120周年 運転士ら手作り、記念缶バッジ人気

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
関東鉄道竜ケ崎線の開業120周年記念ヘッドマークを模した缶バッジ=茨城県土浦市大和町で2021年2月22日、庭木茂視撮影
関東鉄道竜ケ崎線の開業120周年記念ヘッドマークを模した缶バッジ=茨城県土浦市大和町で2021年2月22日、庭木茂視撮影

 2020年8月14日に開業120周年を迎えた茨城県の関東鉄道竜ケ崎線列車のヘッドマーク缶バッジが、鉄道ファンや市民の人気を集めている。

 同社などによると、竜ケ崎線は1900(明治33)年8月に開業した県内最古の私鉄路線で、竜ケ崎駅と佐貫駅を結び全長4・5キロ。71(昭和46)年には日本で初めてワン…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

あわせて読みたい

注目の特集