地下鉄コトキン・ライナー休止へ 京都市交通局 バス169便減

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎週金曜日に終電を繰り下げる「コトキン・ライナー」の運行を休止する京都市営地下鉄=京都市中京区の烏丸御池駅で2021年2月5日午後3時10分、小田中大撮影
毎週金曜日に終電を繰り下げる「コトキン・ライナー」の運行を休止する京都市営地下鉄=京都市中京区の烏丸御池駅で2021年2月5日午後3時10分、小田中大撮影

 京都市交通局は20日に実施するダイヤ改正を発表した。新型コロナウイルス禍で観光客が激減したことを受け、観光地方面を走る市バス10路線で最大169便を減便し、1路線を廃止。地下鉄では毎週金曜に終電を繰り下げる「コトキン・ライナー」を、26日から無期限で休止する。同局はダイヤの見直しで、年2億円強の経費節減を見込む。

 市バス・地下鉄はコロナ禍で利用客が激減し、2020年度はバス52億円、地下鉄55億円の計107億円の赤字が見込まれるなど、経営環境が急速に悪化。既に、1日乗車券など割引券の見直しも発表している。今回はダイヤは見直すものの、基本運賃の改定は見送った。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文658文字)

あわせて読みたい

注目の特集