コント「ヒャクマンベン」 狂言・茂山千之丞が創作 京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ヒャクマンベン」に出演する(右から)茂山千之丞、宗彦、茂=畑律江撮影
「ヒャクマンベン」に出演する(右から)茂山千之丞、宗彦、茂=畑律江撮影

 京都の能楽狂言方大蔵流、茂山千之丞が「茂山童司」の作家名で作・演出するコント公演「ヒャクマンベンvol.4PARTY」が12~14日、京都市南区の「THEATREE9(シアター・イーナイン)KYOTO」で上演される。5回公演。

 不条理・風刺・ファンタジーを盛り込み、狂言では表現しにくい笑いを追求す…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

あわせて読みたい

注目の特集