特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

夢の舞台へ’21センバツ八戸西

選手紹介/3 /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
桐山大空三塁手=青森県八戸市の県立八戸西高校で2021年2月23日 拡大
桐山大空三塁手=青森県八戸市の県立八戸西高校で2021年2月23日

堅守が持ち味 桐山大空三塁手(2年)

 安定した守備が持ち味。小川貴史監督は「慎重な性格がさまざまな場面での対応力につながっている」と評価する。新チームになって以降、2番打者を担う。昨秋の公式戦では「最低限の仕事を確実に」と意識し、打率は4割を超えた。

 入部当初はミスが重なると気持ちが落ち込み仲間への声かけができなかった。監督からは声を出せるようになるため練習後に校歌を歌うよう指導された。

 最初は一人で歌っていたが、やがてほかの部員も一緒に歌ってくれるようになった。野球は一人でやるのではない。チームメートとのコミュニケーションの大切さに気付いた。甲子園はもうすぐ。「エラーしてもチームへの声かけを忘れないようにしたい」

積極的な走塁 相前雄一朗遊撃手(2年)

相前雄一朗遊撃手=青森県むつ市のみなとオアシスおおみなと しもきた克雪ドームで2021年2月21日、南迫弘理撮影 拡大
相前雄一朗遊撃手=青森県むつ市のみなとオアシスおおみなと しもきた克雪ドームで2021年2月21日、南迫弘理撮影

 チームのリードオフマンを務める。積極的に先の塁を狙い、試合をつくる。

 昨秋の大会では三振も多く、ボール球を振らないためにフォームの改善に取り組んだ。腕で振っていたバットを、腰でスイングできるよう改め、ボール球に直前で踏みとどまることができるようになった。冬は改善したフォームで1日約100球のティーバッティングを自分に課し、自分が納得するまで毎日素振りを続けた。

 目標の選手は巨人の坂本勇人選手。「同じショートの選手として、バッティングだけでなく、野手としても質を高めたい」と憧れる。甲子園の舞台では、「どんな状況であっても楽しんでプレーしたい」と目を輝かせていた。

あわせて読みたい

注目の特集