特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

センバツ・夢へ続け!

柴田 選手紹介/4 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐々木綾人選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影
佐々木綾人選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影

直球のキレで勝負 佐々木綾人投手(2年)

 「足元のゴミは甲子園への切符」。土生校長にそう言われ、ゴミを見つけては拾った。何事にも真摯(しんし)に取り組む姿勢を身につけた。

 昨秋の県大会はベンチ入りしたが、続く東北大会はけがで離脱。チームを準優勝に導いた主戦・谷木の活躍に刺激を受け、「自分も投げて勝利に貢献したい」と意気込む。

 球速は130キロ台前半だが、直球のキレや打者の芯を外すカットボールで勝負。センバツに向けて「夢の舞台を全力で楽しむ」。

「緩急」巧みな左腕 日下裕翔投手(1年)

日下裕翔選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影
日下裕翔選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影

 秋の大会で3試合に登板したサウスポー。緩急を付けた投球で打者を打ち取る。投手の故障が相次ぎ、平塚監督が一から投球フォームや配球を教えた。

 公式戦初登板は、六回からリリーフした県大会準決勝の仙台育英戦。再び同校と対戦した東北大会決勝でも、3番手でマウンドに上がったが試合は大敗。「もう少し投げられていたら」と責任を感じた。センバツまでに球速を上げ、2年生投手が楽に投げられるようにするのが目標だ。

一戦一戦出し切る 南條康佑捕手(2年)

南條康佑選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影
南條康佑選手=宮城県柴田町で2021年1月30日、滝川大貴撮影

 控えの捕手だが、昨秋の東北大会決勝では、急きょ先発のマウンドに登った。センバツに向けて「一戦一戦、力を出し切って勝ちたい」と意気込む。

 中学生の時、センバツに同時出場する仙台育英の系列校、秀光中に敗れ、悔しい思いをした。「公立高で倒せるのは柴田しかない」と柴田に進学。普段の練習から「打倒育英」と口にしていた。甲子園の常連校で、幼い頃に応援していた智弁学園(奈良)との対戦を願っている。=つづく

あわせて読みたい

注目の特集