柏崎刈羽原発6、7号機 未完了の工事4件目が判明 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力は3日、柏崎刈羽原発6、7号機廃棄物処理建屋の、配管の壁貫通部4カ所の火災防護工事が未完了だったと発表した。いったん「完了」としていた7号機の安全対策工事の未完了問題を受けた総点検で判明した。未完了工事は4件目となった。

 東電によると、6、7号機廃棄物処理建屋地下3階の東側の壁にある、貫通部23カ所の…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

あわせて読みたい

注目の特集