特集

社告

毎日新聞社の社告です。

特集一覧

社告

私たちは何を伝えてきたか 震災10年 オンラインイベント参加者募集 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
竹内良和記者 拡大
竹内良和記者

 毎日新聞社は9日午後7時から「東日本大震災から10年。私たちは何を伝えてきたか」と題したオンライントークイベントを開催します。参加費は1500円(税別)、25歳以下500円(同)。収益は、震災で保護者を亡くした生徒や学生を支援する「毎日希望奨学金」に全額寄付します。

関谷俊介記者 拡大
関谷俊介記者

 出演するのは、発生直後から被災地に入り、東京電力福島第1原発事故以降の福島の分断を見続けてきた竹内良和記者と、震災で保護者を亡くした震災遺児が抱える問題を追いかけてきた関谷俊介記者=同<中>。テレビのコメンテーターでもおなじみの元村有希子論説委員を進行役に「震災の現在地」を報告し、市民やメディアは震災とどう向き合うべきか、皆さんと一緒に考えます。

元村有希子論説委員 拡大
元村有希子論説委員

 定員200人(先着順)。QRコードか、「毎日新聞リリース」でネット検索してお申し込みください。締め切りは9日正午。定員になり次第、受け付けを終了します。ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」の「ウェビナー」機能を使用するため、事前にZoomをインストールしたパソコンまたはタブレットをご用意のうえ、入室してください。

 問い合わせは、毎日新聞社D.クリエーションセンター(mai−dcc@mainichi.co.jp)。

あわせて読みたい

注目の特集