特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

新風・21センバツ上田西

選手紹介/2 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
杉浦琉生選手=富山市民球場で2020年10月17日、皆川真仁撮影 拡大
杉浦琉生選手=富山市民球場で2020年10月17日、皆川真仁撮影

高打率頼れる4番 杉浦琉生(るい)選手(2年)

 強力打線のポイントゲッターを務める長距離砲。「チャンスで回ってくるので、頼れるバッターになりたい」と自覚も十分だ。

 昨秋は東信地区大会決勝から4番を任されたが、フォームを崩して県大会の序盤は結果が出なかった。それでも吉崎琢朗監督(38)からマンツーマンで体の開きを抑える指導を受け、準決勝の松商学園戦から復調。北信越大会でも4番として全試合で安打を放ち、指揮官の期待に応えた。

 打順へのこだわりはないが、本塁打へのこだわりは人一倍だ。公式戦での本塁打はまだ0本。2月9日に土屋陽一・上田市長を表敬訪問した際は「センバツでは必ずホームランを打ちます」と力強く宣言し、最高の舞台で待望のアーチを描きたい。【皆川真仁】

 (1)180センチ(2)83キロ(3)B(4)右右(5)坂城町立坂城中(6)ブーマー

頭脳プレーに信頼 飛鳥井洸(ひろ)選手(2年)

飛鳥井洸選手=富山市民球場で2020年10月17日、皆川真仁撮影 拡大
飛鳥井洸選手=富山市民球場で2020年10月17日、皆川真仁撮影

 昨秋の北信越大会準決勝、星稜(石川)戦で公式戦初を含む2打席連続本塁打。逆転勝利の立役者として一躍注目を集めたが、「あれはまぐれだと思って(甲子園では)堅実にいきます」と冷静だ。

 相手の隙(すき)を突いたセーフティーバントや堅実な守備をポーカーフェースでやってのける仕事人。頭脳プレーに吉崎琢朗監督(38)も絶大な信頼を置いているが、新チーム発足当初は極度の打撃不振でスタメン落ちも経験。そこからバットを構える位置を変えるなどフォームを改造し、チームに欠かせない存在に成長。苦しんだ時期が大一番での2発につながった。

 趣味は音楽を聴くことで、日本ハムの中田翔選手が登場曲に使用した「My HERO」が好き。大舞台で再びヒーローとなれるか。【皆川真仁】

 (1)170センチ(2)65キロ(3)O(4)右右(5)神奈川県秦野市立鶴巻中(6)イチロー


 選手データ◆(1)身長(2)体重(3)血液型(4)投打(5)出身中学(6)尊敬する人物

あわせて読みたい

注目の特集