特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

日本一へ・市和歌山

選手紹介/8 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
西岡亮汰選手(2年)=和歌山市六十谷の市和歌山のグラウンドで、橋本陵汰撮影 拡大
西岡亮汰選手(2年)=和歌山市六十谷の市和歌山のグラウンドで、橋本陵汰撮影

体格生かし「本塁打」狙う 西岡亮汰選手(2年)

 180センチ80キロの恵まれた体格で、長打力が持ち味の強打者。「ボールの下を打つイメージで回転をかけて飛ばしている。軽くバットを振っても外野まで打てる」と頼もしい。

 昨秋の県2次予選と近畿地区大会では代打で出場。「甘い球は積極的に振っていった」と3打数2安打の結果を出した。バットは3歳年上の兄から譲り受け、入部したときから大切に使っている。

 一方、三振も多く、課題はミート力。ティーバッティングやフリー打撃では「一球一球を大切にして、ジャストミートを意識している」と弱点克服のために汗を流している。

 「甲子園ではホームランを打つ」。自信を持つ打撃で活躍を誓う。

“左腕日本一”自らを奮起 宮本勇投手(1年)

宮本勇投手(1年)=和歌山市六十谷の市和歌山のグラウンドで、橋本陵汰撮影 拡大
宮本勇投手(1年)=和歌山市六十谷の市和歌山のグラウンドで、橋本陵汰撮影

 投手陣の中で唯一の左腕。昨秋の新人戦決勝の和歌山東戦で先発したが、4失点して一回を投げきれなかった。「自信があっただけにショックだった」。県2次予選と近畿地区大会ではメンバーに入れなかった。

 厳しい結果を突きつけられたが、半田真一監督からは「成長に変えてほしい」と声を掛けられた。「まだ期待してくれている」。そう感じ、気持ちを切り替えた。

 新人戦の悔しさを思い返し、冬場は体幹や下半身を徹底的に鍛えた。帽子のつばの裏には「冷静 日本一No.1左腕」と書き込んだ。ピンチの時はその文字を見て気持ちを奮い立たせる。甲子園では次こそ、「期待に応えるピッチングをしたい」。

あわせて読みたい

注目の特集