特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

勝利へ・2021センバツ鳥取城北

選手紹介/2 宮田葵内野手(2年)/大橋泰成内野手(2年) /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳥取城北の宮田葵内野手(2年)=鳥取市で、野原寛史撮影 拡大
鳥取城北の宮田葵内野手(2年)=鳥取市で、野原寛史撮影

好守で投手支える 宮田葵(みやた・あおい)内野手(2年)

 昨秋は主に6番打者を任された。山木博之監督も「長打力がある」と評価しており、出塁した上位打線の走者を還すのが役割だ。

 公式戦打率は2割8分。中国大会で好機で打ち損ねたことが敗戦につながったと反省し、主にティー打撃でスイングの精度を磨いてきた。「センバツでの好投手との対戦を意識して、一振りで仕留められる打撃を心がけてきた」と成長に自信を見せる。守りでは一塁手として、好守で何度もチームを救った。「甲子園では一つのミスで相手に流れがいってしまう。どんな送球も絶対に捕って投手を支えたい」と意気込む。

 趣味は魚釣り。「待つ時間は長いが、1人で落ち着いた時間を過ごすとリラックスできる」と笑顔を見せる。


 (1)170センチ(2)80キロ(3)右左(4)6・5秒(5)100メートル(6)八頭町立八頭中(八頭ボーイズ)


意識して強打狙う 大橋泰成(おおはし・たいせい)内野手(2年)

鳥取城北の大橋泰成内野手(2年)=鳥取市で、野原寛史撮影 拡大
鳥取城北の大橋泰成内野手(2年)=鳥取市で、野原寛史撮影

 レギュラーをつかんだ中国大会で4強入りに貢献。しかし、1回戦では会心の一打が本塁打にならず、フェンス直撃の二塁打止まり。「パワーが足りない」と痛感したという。

 今冬は連続して打ち続ける打撃練習で、常に強く鋭い打球を飛ばすことを意識してきた。試合では長打にこだわらず状況に応じた打撃を心がけているが、最近は近鉄などで活躍した強打者・中村紀洋さんが公開している打撃理論も取り入れ「狙っていい場面では、一度は本塁打を打ってみたい」と目標を語る。

 グラウンドを離れれば、チームでも屈指の読書家。「今後の人生のための勉強にもなる」といい、若者向けの小説から、宮沢賢治のような純文学まで広く手に取るという。


 (1)166センチ(2)66キロ(3)右右(4)6・3秒(5)90メートル(6)京都市立久世中(京都嵯峨野ボーイズ)


 <メモの見方>(1)身長(2)体重(3)投げ方・打ち方(4)50メートル走タイム(5)遠投記録(6)出身中学(最終出身チーム)

あわせて読みたい

注目の特集