特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

強者に勝て!・’21センバツ下関国際

選手紹介/2 山川太陽選手/森凜琥選手 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山川太陽選手 拡大
山川太陽選手

中軸として活躍 山川太陽(やまかわ・たいよう)選手(2年)

 中軸として活躍し、昨秋の打率は4割。プロ野球・巨人の亀井善行選手の勝負強さや周囲の信頼が厚いところに憧れている。

 好きな言葉は野球をやっていた9歳上の兄から教わった「何苦楚魂(なにくそだましい)」。意味は、困難な状況になっても「なにくそ!」と奮起してあきらめない心だ。野球でくじけそうになったり、泣いたりした時に、いつも兄がこの言葉をかけてくれていた。

 初戦の健大高崎(群馬)は、トップレベルの打撃と走塁を見て、以前から対戦したいと思っていた。野球部の寮暮らしで、実家には手紙で甲子園出場を報告した。8強入りを誓い、家族や支えてくれる人たちには甲子園で恩返しするつもりだ。

打球コース、瞬時に予測 森凜琥(もり・りく)選手(1年)

森凜琥選手 拡大
森凜琥選手

 下関国際の強さは2018年夏の甲子園のベスト8で知った。当時の浜松晴天・甲山達也両選手の二遊間の守備にひかれ、入学を決めた。小学1年で野球を始め、ショートやセカンドを担当。プロ野球・阪神の平野恵一コーチが現役時代にみせたダイビングキャッチなど、派手なプレーに憧れている。

 強みは、バッテリーの配球を見て、相手打者のバットに当たる瞬間に打球のコースを予測して体を動かせることだ。甲子園では中国地区の代表として、8強入りした浜松・甲山世代に負けない成績を残したいと意気込む。

 好きな教科は国語。文章を書いたり漢字を書いたり読んだりすることが好きだ。休日は人気アニメ「名探偵コナン」の映画を観るのが楽しみという。

〔山口版〕

あわせて読みたい

注目の特集