就職内定率 大卒、11年ぶり低下 今春予定者 高卒は過去最高に /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 山口労働局は2日、県内の大学や高校を今春卒業する求職者の就職内定率(1月末現在)を発表した。短大などを含めた大卒等予定者は84・3%で、前年同期比3・8ポイント減とリーマン・ショック後以来11年ぶりに低下した。一方、高卒予定者は96・5%と現行の統計を始めた1995年以降最高だった。

 山口労働局は大卒等予定者について、新型コロナウイルスの影響による求人減や就職活動の遅れが響いたと分析している。高卒予定者は少子化が進む中で求…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

あわせて読みたい

注目の特集