特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

強く、前に・明徳義塾

選手紹介/6 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
井上航輝外野手(1年)=高知県須崎市で、北村栞撮影 拡大
井上航輝外野手(1年)=高知県須崎市で、北村栞撮影

俊足で広い守備範囲 井上航輝外野手(1年)

 俊足を生かした守備範囲の広さが買われ、昨秋は1番センターで公式戦に出場。「相手が『ヒットや』と思う打球を捕れたら与えるダメージが大きい。そういう球をできるだけ捕りたい」と、いいリズムで攻撃につなげられるような守備を心がけている。

 本当はサッカーがやりたかったが、親戚のおじさんに「自分が教えてあげるから」と勧められ野球を始めた。明徳義塾へ進学したのはシニアチームで2学年上の先輩だった鈴木大照前主将に誘われたのがきっかけだった。

 センバツへ向け、背番号は2桁になったが下を向いてはいない。「バッティングでは(外野レギュラーの)3人に負けてしまうが、守備は負けていない。バッティングを改善すれば試合に出られる」と自分の課題に向き合い、練習に励んでいる。

 右投げ右打ち。富田林市立葛城中(大阪府)出身。

守備力トップクラス 西川魁星内野手(2年)

西川魁星内野手(2年)=高知県須崎市で、北村栞撮影 拡大
西川魁星内野手(2年)=高知県須崎市で、北村栞撮影

 167センチ、55キロとメンバー最軽量で高校入学当初は48キロしかなかった。だが、守備力の高さはチームトップクラス。憧れの選手は8年連続でゴールデングラブ賞を受賞している広島の菊池涼介選手だ。「守備力は負けたくない」と技術に磨きをかけている。

 小学2年のとき、四つ上の兄の影響で野球を始めた。地元にある憧れの甲子園を共に目指し、兄は福島県の強豪校・聖光学院へ。自身は、同じボーイズチーム出身の先輩が甲子園で活躍する姿を見て、明徳義塾への進学を決めた。

 新チーム発足後はセカンドの2番手として悔しい思いが続いたが、最近は紅白戦で主にレギュラーが振り分けられるAチームに入る機会も増えた。「体が小さいので、小さくてもできることを一つでも多く全力でやって頑張りたい」とレギュラー奪取を狙う。

 右投げ右打ち。西宮市立浜甲子園中(兵庫県)出身。

あわせて読みたい

注目の特集