地元の歴史を児童図書に 築上・上城井ふれあい協議会、500部作製 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「かみきいゆかし」を手にする山内会長(右)と挿絵を担当した原賀さん
「かみきいゆかし」を手にする山内会長(右)と挿絵を担当した原賀さん

「かみきいゆかし~豊前宇都宮氏と寒田ばなし」

 築上町の上城井ふれあい協議会(山内守会長、64人)が、児童向け図書「かみきいゆかし~豊前宇都宮氏と寒田ばなし」を発行した。500部を作り、町内の小中学校や図書館などに配布する。

 上城井地区(城井谷)は、鎌倉~戦国時代に豊前地方を治めた宇都宮氏の拠点。黒田官兵衛、長政父子の宿敵としても知られる。地元の歴史を子どもたちに楽しみながら知ってもら…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

あわせて読みたい

注目の特集