特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-斎藤慎太郎八段 第36局の4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

千日手?

 斎藤は角を切り、手番を握って離さない。[後]6五銀では[後]6五桂が棋士室の予想。以下[先]5五歩[後]7七歩成[先]同桂[後]同桂成[先]同銀[後]6五銀が一例で後手良さそうと言われていたが「迫力がちょっと(足りない)」と斎藤。先手の利きが集中している7七を攻めていくのは戦力不足との読みだ。

 「[後]6五銀[先]5五角[後]5四銀[先]6六角[後]6五銀で千日手かも」と棋士室で声が上がる。時刻は午後8時を回った。長い一日になるかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文644文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集