特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

幕末創業 大槌の旅館、今も仮設営業 おかみ、亡き母に再建誓う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
おかみの小川京子さん(右)と夫の勝己さん=岩手県大槌町の「小川旅館 絆館」で2021年2月10日午前10時18分、横見知佳撮影
おかみの小川京子さん(右)と夫の勝己さん=岩手県大槌町の「小川旅館 絆館」で2021年2月10日午前10時18分、横見知佳撮影

 東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた岩手県大槌町で、被災から10年たった今も元の場所に戻れずに仮設での営業を続ける旅館がある。町中心部に幕末から続いた「小川旅館」。ボランティアや復興工事関係の宿泊客が年々減る中、新型コロナウイルスの影響も逆風となり再建のめどは立たないままだ。それでも、おかみの小川京子さん(60)は「あしたどうなるかもわからない状況だが、諦めたわけじゃない。いつか元の場所に帰ることが最終的な目標だ」と前を向く。

 震災が起きた時、京子さんは先代のおかみで母のミヲさんを見舞うため盛岡市内の病院にいた。タクシーに飛び乗り、普段は2時間の道のりを5時間以上かけて町に向かったが、「山の向こうが真っ赤で町全体が燃えているのが分かった」。最後は徒歩で旅館を目指したが、「ボンボン」という爆発音が聞こえる町の中心部に入ることはできなかった。追われるように津波から逃げたという長男とは数日後に再会できたが、津波と火災に見舞わ…

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1889文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集