特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

3・11それから

父との和解と出会い 古里離れ迎える10年目 母の「生きろ」支えに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災で被災した人たちを毎日新聞記者は継続して取材し、「いま」を伝えてきた。今回登場する男性は2014年春と16年秋、20年春に取り上げた。震災10年を前に思いを聞いた。

   ◇

 岩手県陸前高田市で津波にのまれ、トタン屋根の上で17時間漂流した末に助かった佐々木陽一さん(40)は、一緒に逃げた母のみき子さん(当時57歳)と、引きこもりで自宅にいた弟の仁也(じんや)さん(同28歳)を失った。佐々木さんと父の善仁(よしひと)さん(70)の二人暮らしが始まったが、佐々木さんは父が教師の仕事に没頭し、家庭を顧みてこなかったことを不満に思ってきた。だが、15年から障害者スポーツを広める仕事を始め、競技の勉強や周知活動にのめり込むうちに、いつも教え子のことを考えていた父の気持ちも少し理解できるようになった。

この記事は有料記事です。

残り2617文字(全文2974文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集