上野のパンダに発情の兆候 シャンシャン以来の子ども誕生期待

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
発情期の兆候が見られるシンシン=2021年2月20日撮影、東京動物園協会提供
発情期の兆候が見られるシンシン=2021年2月20日撮影、東京動物園協会提供

 上野動物園(東京都台東区)は4日、ジャイアントパンダのリーリー(雄、15歳)とシンシン(雌、15歳)に発情の兆候が見られたと発表した。今後、シンシンに交配可能と判断できる行動などが見られた場合、2頭を短期間同居させる。

 園によると、リーリーは昨年11月から逆立ちで排尿したり、においを付けるマーキングの回…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

あわせて読みたい

注目の特集