特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

選手紹介/4 太田和煌翔二塁手(1年) 「1年からレギュラー」実現 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ティーバッティングに取り組む太田和煌翔二塁手=茨城県土浦市中村西根の常総学院で2021年2月7日、長屋美乃里撮影 拡大
ティーバッティングに取り組む太田和煌翔二塁手=茨城県土浦市中村西根の常総学院で2021年2月7日、長屋美乃里撮影

太田和煌翔(きらと)二塁手(1年)

 1年からレギュラーになることが、家族との約束だった。

 中学時代の2017年、仁志敏久監督が率いる第4回WBSC U12ワールドカップを経験。19年のリトルシニア日本選手権大会ではベスト8入りしている。中学時代の実績は全国レベルだが、高校で通用するかは不安もあった。

 転機は20年7月の島田直也監督就任。「強くて低い打球」というテーマを与えられ、遠くへ飛ばしたいという思いを捨てた。毎日200球以上のティーバッティング。センター返しを意識し、バットを振ってきた。

 20年の秋季県大会を前に、登録選手が発表された。自分の名前が呼ばれたのは4番目。LINEで家族に報告すると、「結果を残せるように頑張れ」とエールが返ってきた。

 約束は果たしたが、そこからが本番だった。バットが湿ればスタメンからは外される。そのたびに「見返してやろう」と気合を入れ直し、県大会決勝では4打数3安打をたたき出した。

 U12監督であり、常総学院の先輩でもある仁志からもらった手紙は宝物だ。「守備のセンスや守備範囲の広さは誰にも負けない。体を大きくして高校での活躍を期待している」。読み返しては、決意を新たにしている。=つづく


選手データ

▽千葉・幸町第二中出身

▽身長176センチ、体重70キロ

▽右投げ、左打ち

あわせて読みたい

注目の特集