食料支援、活動を報告 初年度を総括 東葛のフードバンク /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
困窮世帯への支援を考えるとうかつ草の根フードバンクのシンポジウム=千葉県流山市で2021年2月27日、柴田智弘撮影
困窮世帯への支援を考えるとうかつ草の根フードバンクのシンポジウム=千葉県流山市で2021年2月27日、柴田智弘撮影

 松戸、流山、柏、野田、我孫子、鎌ケ谷の東葛6市の子ども食堂へ食材を供給するため、2020年4月に活動を始めた「とうかつ草の根フードバンク」(梅沢一雄代表)の初年度を振り返るシンポジウム「食と安心を届けよう!」が2月27日、流山市のおおたかの森センターとオンラインで開かれた。

 同フードバンクは昨年、各子ども食堂が活動自粛を強いられる中、困窮家庭に食材を提供するフードパントリーで約1万3500食、キッチンカーで温かい食事3500食を届けたと報…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集